スーパー・コンビニ店長になるには

スーパー・コンビニ店長

スーパー・コンビニ店長になるには

評価が高まってきた販売士の資格

 コンビニやスーパーの仕事に就くのに学歴や資格などはほとんど関係ない。しかし、消費者の嗜好や商品が多様化している現代では、小売業にも高度な知識が求められるようになってきた。マーケティング、仕入れ計画、販売管理、在庫管理などどれ一つ取っても、無駄を最小限にするために科学的な方法が必要になっており、それを駆使できる大卒程度の知識を持った人材が求められている。
 また、これらの要求に対応する関連資格として、日本商工会議所が実施している販売士の資格がある。1〜3級があり、特に1級は店舗管理にかかわる全般的な知識が問われ、店長をめざす人は取得しておくと役立つだろう。

スーパー・コンビニ店長 なるためチャート

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る