×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

医療秘書の仕事の内容

医療秘書

医療秘書の仕事の内容

専門知識・技能に加えて一般秘書の役割も

 医療秘書は、病院などの医療機関に勤務する、医学・医療知識、事務管理の知識・技能などを備えた秘書である。その主な仕事は、医師の補佐、医療関連事務の処理のほか、患者と医師、看護師、臨床検査技師、医療ソーシャルワーカーなどの医療スタッフ間の橋渡しをすることだ。
 具体的には、カルテの管理、患者への応対、レセプト(診療報酬請求明細書)作成など、医療機関特有の業務のほか、会議の準備、窓口受付、会計事務など、一般の秘書と同様の仕事も行う。
 こうした仕事の特性から、医療秘書には医療保険、医療関連法規、医学用語、簿記、パソコンスキルなどさまざまな知識・技能が求められる。

この職業になれる専門学校を探す