×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 芸能・芸術系

DJにふさわしい人

DJ

 DJとは「ディスクジョッキー」の略称。ラジオDJとクラブDJの2種類の職業があり、前者はラジオのパーソナリティとして番組の進行役を担い、後者は主に「クラブ」という場所で音楽の選曲や演出を行っている。

DJに向いている人・適性

作業の正確さ、慎重さが求められる

 ラジオDJにまず求められるのは、話すのが好きであること。番組を進行させるのは自分のトークだ。話をして人を楽しませることや、人に喜んでもらいたいと思う人でないと続けていくのは難しい。また、視野が広く、好奇心が旺盛であることも大事。番組ごとに毎回違う話をするために、話題を見つけるうえで役立つはずだ。加えて、声だけで視聴者に情報を伝える仕事なので、ハキハキと話せることや、魅力的な声であることも有利に働く。
 クラブDJについては、何よりも音楽が好きであることが大切だ。特にクラブミュージックが好きであることは絶対条件。そのうえで、扱う楽曲に詳しいこと、機器を正しく扱えることが重要になってくる。また、DJはクラブに来た人を盛り上げる、楽しませるために音楽をかける仕事。音楽を通して人に喜んでもらいたい、自分の選曲を楽しんでもらいたいと、人のことを気にかけられる性格の人に向いているだろう。

この職業になれる専門学校を探す