×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 教育系

日本語教員になるには

日本語教員

日本語教員になるには

大学の養成課程で学ぶと可能性大

 日本語教員になるために絶対に必要な資格というのは、今のところ特にない。しかし、文化や宗教、生活習慣の異なる外国人を相手に日本語を教えるため、日本語の読み書きができればだれでもなれるわけではない。日本語や日本文化に関する豊かな知識と指導技術を持っていることが求められる。
 一般的には、大学で開設されている日本語教員養成課程を修了する方法や、(財)日本国際教育支援協会が実施している日本語教育能力検定試験に合格する方法、民間の日本語教師養成講座を420時間以上受講する方法のいずれか一つ、または複数の方法で知識と教授法を身につけ、日本語教員となる人が多い。日本語教員には大学院修了者も多いようだ。

日本語教員 なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す