歯科衛生士の就職先・活躍できる場所

歯科衛生士

 歯科医師の治療を補佐する職業。「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」の3つが大きな役割とされており、治療をサポートするだけでなく、患者に対して正しい歯磨きの仕方を指導するなど、病気の予防・健康維持にも貢献できる職業だ。

歯科衛生士の就職先・活躍できる場所

大部分の歯科衛生士が診療所で活躍

 歯科衛生士の主要な職場は診療所(クリニック)だ。日本歯科衛生士会の調査によると、約9割の歯科衛生士が診療所に勤務している。そのほか、少数ではあるが病院に勤務している歯科衛生士もいるようだ。

○診療所
 ほとんどの歯科衛生士は診療所に勤めている。仕事の内容は歯科医師の補助、予防処置、歯科指導の3つが中心だ。歯石の除去も、歯科医師ではなく歯科衛生士が担当している業務だ。単に歯科医師の手伝いだけをするのではなく、こうした医療処置も行えるのが歯科助手にない歯科衛生士の強みと言える。

○病院
 少数ながら、病院に勤めている歯科衛生士もいる。診療所と異なる点は、外科手術にも関わるところだ。診療所では対処できない重い症状を、歯科医師とともに手術で取り除くことができるのは、病院勤務ならではのやりがいと言える。
 また、近年は「口腔ケア」といって、病気で自分の口をきれいにできない人に代わって掃除したり、自分で掃除できるようリハビリを手伝ったりするケアに注目が集まっている。口腔ケアは合併症の予防にもつながる大切なもの。入院患者の多い総合病院では、この口腔ケアを担当することが歯科衛生士の重要な仕事となっている。

歯科衛生士に必要な資格が取得できる大学を検索

歯科衛生士に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る