歯科衛生士の学校の選び方

歯科衛生士

 歯科医師の治療を補佐する職業。「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」の3つが大きな役割とされており、治療をサポートするだけでなく、患者に対して正しい歯磨きの仕方を指導するなど、病気の予防・健康維持にも貢献できる職業だ。

歯科衛生士の学校の選び方

就学期間・学びたいことを軸に

 歯科衛生士になるには、大学の歯学部口腔保健学科、短大の歯科衛生学科、専門学校を卒業し、国家試験に合格しなければならない。このうち大学は4年制、短大・専門学校は3年制。4年制でも3年制でも受験する国家試験は変わらないので、早く就職したい、学費等を抑えたい場合は短大・専門学校がいいだろう。
 歯科衛生士養成課程のある4年制大学は、短大・専門学校に比べてまだ数が少ない。短大や専門学校に比べて卒業までの時間は長いが、大学の共通科目を学ぶこともできるし、国家試験の対策に時間を費やすこともできる。また、中には歯科衛生士の受験資格だけでなく、社会福祉士の受験資格も得られるようにカリキュラムを組んでいる大学がある。総じて、幅広くじっくり勉強したい人に向いているのが大学と言える。
 専門学校と短大のうち、短大は学び方が大学に似ている。大学の共通科目を学べるので、歯科衛生士になるための勉強以外にも手を広げてみたいなら、短大がおすすめだ。専門学校はその逆で、歯科衛生士になるための勉強に集中したい人向きと言える。学びの設備が整っていて、就職率も高いことが多いからだ。
 どの学校を選んだ場合も、「設備・施設」「実習」はチェックしておこう。設備・施設については、学生一人ひとりの使える数が揃っていてかつ、より新しい方が当然学びやすい。自分の目で見ないとわからない部分もあるので、オープンキャンパスなどで実際に確かめてみるのもいいだろう。また、実習はどの学校でも必ず受ける。その実習先が豊富に用意されているか、数はどうか、見比べてみよう。実習をたくさん受けられれば、それだけ実践的な力を身につけられる。

歯科衛生士に必要な資格が取得できる大学を検索

歯科衛生士に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る