歯科衛生士のやりがい

歯科衛生士

 歯科医師の治療を補佐する職業。「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」の3つが大きな役割とされており、治療をサポートするだけでなく、患者に対して正しい歯磨きの仕方を指導するなど、病気の予防・健康維持にも貢献できる職業だ。

歯科衛生士のやりがい

多くの人の健康を守り、生活の質を高める

 歯は食べ物をおいしく食べるために、健康に生活するために欠かせないものだ。歯科衛生士はそうした歯を治療し、病気にならないための予防指導に取り組む職業だ。予防歯科においては、そのメインは「歯科衛生士」であり、予防のプロフェッショナルといえる。歯を通して、多くの人の健康を守り、生活の質を高められることこそ、歯科衛生士にとって何よりのやりがいと言える。
 歯科衛生士は基本的に、同じ患者を継続的に担当する。治療の課程で患者から感謝の気持ちを伝えられたり、患者の歯に対する意識が変わったことを実感できたときは、達成感を感じられるだろう。歯科衛生士は1日に何人も患者を診ることになるので、そうした達成感を感じられる機会にも多いだろう。
 また、多くの医療従事者と同様に、歯科衛生士にも認定資格が用意されている。障害者歯科、老年歯科など、仕事を通じて興味がある分野を広げながら、スキルアップする道が用意されていることも、歯科衛生士の働きやすさややりがいに通じる点だ。

歯科衛生士に必要な資格が取得できる大学を検索

歯科衛生士に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る