×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

林業系研究・技術者の仕事の内容

林業系研究・技術者

林業系研究・技術者の仕事の内容

森林の保護と利用の両面から研究する

 紙・パルプ、建築用木材などに利用されている森林は、近年、酸性雨や過剰伐採、山火事などで著しく減少し、需要と供給のバランスが崩れている。こうした状況を解決するために、林業系研究・技術者は、森林を再生可能な天然資源として維持・管理し、開発利用を進めている。
 森林管理署などに勤務する場合は、森林を巡回して樹木の生育状況を調べ、測量や標本採取によってデータを集め、それを基に、資源保護のための報告書や計画書をまとめる。材木、パルプ、製紙などの関連企業では、木材を有効利用するための研究開発に携わったり、商社などでは木材の輸入や販売にかかわったりしている。

この職業になれる専門学校を探す