×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

フードコーディネーターになるには

フードコーディネーター

フードコーディネーターになるには

調理系の学校に進んで資格取得が近道

 フードコーディネーターには、食や栄養に関する幅広い知識が求められる。そのため、食品や栄養、調理について学べる学科・コースのある専門学校や大学、短大、に進むといいだろう。必須の国家資格はないが、日本フードコーディネーター協会が主催する「フードコーディネーター資格」を取得しておくと、就職に有利になる。1級〜3級まであり、入門レベルの3級は「文化」「科学」「デザイン・アート」「経済・経営」の4科目の認定試験が行われる。1級を取得すれば、プロのフードコーディネーターとして活躍できるレベルに達していることを証明できる。全国的には数はまだ少ないが、日本フードコーディネーター協会がフードコーディネーターの養成施設として認定した専門学校・大学・短大もあり、卒業すると認定試験が免除され、3級の認定資格を得ることができる。

フードコーディネーター なるためチャート