×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 法務系

裁判所事務官になるには

裁判所事務官

裁判所事務官になるには

大学の法学系学部への進学が一般的

 裁判所事務官になるためには、裁判所が行う裁判所職員採用試験(裁判所事務官)に合格しなければならない。総合職試験と一般職試験がある。
 総合職試験には、院卒者試験と大卒程度試験があり、両者とも30歳未満という年齢制限がある。試験は第1次から第3次まである。第1次は基礎能力試験と専門試験、第2次は論文試験、専門試験、政策論文試験、人物試験を行う。第3次試験は人物試験で集団討論および個別面談を行う。いずれも法律科目が中心に問われるので、大学の法学系学部への進学が一般的だろう。
 また、一般職試験には、大卒程度試験と高卒者試験がある。

裁判所事務官 なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す