×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

美容師の仕事の内容

美容師

 シャンプー、カット、パーマ、カラーリングなどの技術を駆使し、ヘアスタイルを整える職業。近年はヘアスタイルだけでなく、メイクや着付けを手がける人も多い。主な職場は美容室だが、結婚式場やマスコミ関係の職場で働く人もいる。

美容師の仕事の内容

センスとテクニックがものをいう世界

 一般的に、美容室の技術者を美容師、理容室の技術者を理容師と言う。両者に共通している点は、客の要望を聞きながらシャンプー、カット、パーマ、カラーリングなどの技術を駆使して頭髪を整えていくことだ。ただし、美容室は女性客が主体、理容室は男性客が主体のため、サービス内容には多少の違いがある。
 美容室ではヘアスタイルを作り出すだけでなく、マニキュア、メークアップ、着付けなど、トータルなファッションコーディネートも行う。最近は、男性客の姿も多く見られるようになった。
 理容室では、ヘアスタイリングのほかに、顔などをそるシェービングの技術が必要だ。

 技術を生かし、ヘアメイクアーティストとして活躍する美容師も多数いる。テレビに出演するタレントや、雑誌に登場するモデルのヘアメイクを主に手がけているようだ。また、有名人だけではなく、結婚式場で新郎・新婦にヘアメイク・着付けを行っている人もいる。
 美容師の仕事は次のような流れで進む。まずカウンセリングとして、カットやカラーリングの要望を聞き、スタイリングを提案する。その後はシャンプー、カット、ブローの順番に進むが、新人のうちはシャンプーを任されることが多い。その後、カラーやパーマを行い、仕上げのセットを済ませたら終了だ。また客が退屈しないよう、さまざまな話題を提供することも仕事の一つとなる。
 新人のうちはできる仕事が限られており、かつテクニックを高めるために練習を続けなければいけない。華やかなようで、地道な努力も多い職業だ。

この職業になれる専門学校を探す