×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

美容師になるには

美容師

 シャンプー、カット、パーマ、カラーリングなどの技術を駆使し、ヘアスタイルを整える職業。近年はヘアスタイルだけでなく、メイクや着付けを手がける人も多い。主な職場は美容室だが、結婚式場やマスコミ関係の職場で働く人もいる。

美容師になるには

養成施設を卒業し国家試験を受験

 美容師、理容師になるには、美容師または理容師の養成施設を卒業し、それぞれの国家試験に合格しなければならない。試験は筆記試験と実技試験がある。筆記試験では関係する法律や制度、衛生管理、人体の構造や機能、香粧品化学の知識、美容・理容の文化論および技術理論などが問われ、実技試験ではカッティングの基礎的な技術などが試される。
 なお、美容師・理容師免許を取得したのち、3年以上の実務経験を積み、都道府県知事が指定する講習を受けると管理美容師・管理理容師の資格を取ることができる。2人以上の美容師・理容師がいる店は管理美容師・理容師を置くことが義務づけられており、将来、独立開業する際には欠かせない資格だ。

美容師 なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す