×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

トリマーの働き方と生活

トリマー

 動物のシャンプーや毛のカット、爪切りなどを行い、身だしなみを整える職業。単にトリミングだけを行うのではなく、顧客にとって大切な家族であるペットの健康をチェックし、飼育やしつけのアドバイスを行う役割も担っている。

トリマーの働き方と生活

ペットショップの場合勤務時間はおおむね規則的

 トリマーの多くは、ペットショップやペット専門の美容院、動物病院などで働く。ペットのケアを重視する人が増え、トリマーの求人も多く見られるが、忙しい時期限定のアルバイトやパートとしての求人も少なくない。安定して働くためには、技術を磨き、サービスを追求するなどの意欲が必要とされる。

 トリミングを行う動物は千差万別であり、性格や気性はバラバラだ。トリミングを嫌がるペットにかまれてしまうことも珍しくなく、生傷は絶えない。また、ペットショップなどでは動物の匂いがこもることも多く、そういった環境を苦と思わない人でないとやっていけないだろう。加えて、トリマーは基本的に立ち仕事。体力に自信があること、体が丈夫なことも大切だ。
 トリミングサロンで働く場合、9時〜18時、10時〜19時前後を開業時間にしていることが多い。閉店後に掃除や事務作業を行うことになるので、実際の退勤時間はもっと遅い時間になるようだ。予約が詰まっていたり、トリミングが長引いたりすると、昼休みを取れない場合もある。また、サービス業なので、美容院などと同様に土日に営業し、休みは平日とされていることが多い。

教えて先輩!
トリマーとして働いている先輩に、勤務スケジュールについて聞いてみた!

Q.勤務のスケジュールを教えてください!

A.人それぞれですが、ブリーダーのもとで働けば外から来るお客さんのトリミングだけではなくて、育てているたくさんの犬の世話やお産などにもかかわれますが、それこそ休みがないほど労働時間が長くなることもあります。

一方、ペットショップなどの店舗勤務であれば、基本的に営業時間だけ働いていればいいのですが、接客など店員としての仕事もこなしていく必要があります。(33歳・女性・トリマー歴4年目)

この職業になれる専門学校を探す