×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

税理士の仕事の内容

税理士

 税金の専門家。企業や個人が納める税金について、書類を作成したり、申告・申請を代行したりする。そのほか、企業の経営についてコンサルティングを行う、税務署で納税の相談に対応する、企業の中で経理を担当するなど、さまざまな働き方がある職業だ。

税理士の仕事の内容

税務や会計を代行し相談役も務める

 税理士は、税金に関する申告や申請などの税務代理、税務書類の作成、税務相談などを主な仕事とする。年度末の確定申告の時期には、税務署窓口で納税に関する相談も受けるが、これらは法律によって税理士だけに許された独占業務だ。会計関係の業務として、決算業務や試算表の作成、会計の指導や相談も行う。
 税理士の得意先は、一般に個人や街の商店、中小企業などが中心で、近年は税にかかわるコンサルタントとしての役割の重要性が高まりつつある。さらに、社会保険労務士、中小企業診断士などと組んで、総合的なコンサルティング事務所を開業するケースも見られる。

 税理士の職場としてよく知られているのは、税理士事務所か税理士法人、一般企業の経理や財務部門だ。このうち税理士事務所と税理士法人の仕事はほぼ同じで、違いは規模くらいだ。税理士事務所は個人が単独で開いていることが多く、税理士法人は2名以上の税理士によって構成される。
 一方、一般企業の経理や財務部門で働く場合、外部の税理士に代わって税務処理を任されることが多い。また、税理士としての登録を済ませておくことで、外部の税理士とまったく同じ仕事を行うことができる。もちろんコンサルティング業務もだ。企業内で働く税理士という立場を生かし、外部の税理士以上に深い観点から経営に意見していくことが求められやすい。

この職業になれる専門学校を探す