×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

税理士の収入、資格

税理士

 税金の専門家。企業や個人が納める税金について、書類を作成したり、申告・申請を代行したりする。そのほか、企業の経営についてコンサルティングを行う、税務署で納税の相談に対応する、企業の中で経理を担当するなど、さまざまな働き方がある職業だ。

税理士の年収・給与・収入

収入

・平均給与 47万2000円/月
・年収 約684万円
※年収の計算方法:きまって支給する現金給与額(47万2000円)×12カ月+年間賞与その他特別給与額(117万1500円)
※厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」より
※10人以上の規模の事業所で働く公認会計士、税理士の給与月額男女計(平均年齢:42.7歳、勤続年数:11.0年、所定内実労働時間数:154時間、超過実労働時間数:16時間)

(男女計の平均年収は約684万円。ほかの一般的な職業と比べても、十分高額だと言っていいだろう。ただし、当然ながら税理士法人や事務所の規模、経験年数や実績によって収入に差があるので注意しよう。
 特に大手の税理士法人は待遇がよく、給与の水準も高いと言われている。大手の法人でない場合も、中規模の法人であればある程度の給与が保証されていると言っていい。また、職場によっては「インセンティブ報酬(報奨金)」が整備されていて、業績によってさらに給与を高めることが可能だ。
 独立・開業した場合、事務所の運営を軌道に乗せることができれば、やはり高い収入を得ることができる。また、人脈を広げることにより、セミナーや講演活動など、本業以外の収入を期待できる面も。ただし、どの程度仕事を得ることができるかは本人の営業力や実力によるところが大きく、相応の努力が必要になる。)

この職業になれる専門学校を探す