×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

税理士の働き方と生活

税理士

 税金の専門家。企業や個人が納める税金について、書類を作成したり、申告・申請を代行したりする。そのほか、企業の経営についてコンサルティングを行う、税務署で納税の相談に対応する、企業の中で経理を担当するなど、さまざまな働き方がある職業だ。

税理士の働き方と生活

確定申告や法人税申告の時期はかなりの激務に

 試験合格後は税理士事務所に勤めるのが一般的だが、あえて企業の経理や財務の担当を志望する人もいる。勤務時間は基本的に自由だが、打ち合わせなどで夜間や休日に仕事をすることもある。所得税の確定申告の時期(2月中旬〜3月中旬)や、法人税の申告が集中する時期(5月)などは非常に忙しく、毎日残業になることもある。

 税理士事務所で働く場合、事務所の規模によってある程度忙しさや生活が変わる。複数人の税理士が集まって設立する「税理士法人」の中には、グローバルに展開する超大手法人もあり、給与や福利厚生が優れている。ただし、英語を話せなければならない、中・小規模の事務所では扱わない専門的な税務を行うなど、仕事のレベルが高いうえに、終電帰りの日が続くことがあるほど忙しい。一方、独立・開業し、少人数もしくは一人で事務所を切り盛りしていく場合、仕事の量を自分でコントロールすることができるため、比較的時間をつくりやすいと言える。ただし、収入を維持するには自分で仕事を取ってこなければならないし、実力がなければ生活も安定しづらいため、ハイリスクであることは否めない。

この職業になれる専門学校を探す