×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

アナリストになるには

アナリスト

アナリストになるには

試験の内容から経済関連の学問が役立つ

 アナリストに近い仕事をするためには、必ずしも資格は必要ではなく、証券会社や銀行に勤務したのちアナリストになるケースが多い。ただし、アナリストの試験に合格し、所定の実務経験を積んで検定会員になっておくと有利である。試験の内容から、大学では経済学、経営学・商学などを学んでおいた方がいいだろう。
 アナリスト試験には第1次レベルと第2次レベルがある。第1次レベル試験を受験するためには、(社)日本証券アナリスト協会の通信教育講座を受講することが必要だ。第2次レベル試験は第1次レベル試験3科目合格者で、第2次レベルの講座を受講した者のみ受験でき、合格率は例年45〜50%前後である。

アナリスト なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す