×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

法人営業(企業向け営業)

法人営業(企業向け営業)

法人営業(企業向け営業)になるには

業種に関連した資格があると有利

 営業の仕事に就くのに資格や学歴は関係ない。しかし、大手企業では大卒者を中心に採用する傾向がある。営業職の採用にあたって、ほとんどが出身学部不問ではあるが、なかには専攻した学問が役に立つ部門もある。例えば、製薬会社の営業なら薬学、コンピュータやシステム関係の営業なら理工学系の専門的な知識が求められる。
 また、不動産会社なら宅地建物取引士や土地家屋調査士、国際的に事業を展開する企業なら語学に関する資格など、営業内容に沿った関連資格を取っておくと役立つだろう。

法人営業(企業向け営業) なるためチャート

続きを読む

法人営業(企業向け営業)の仕事の内容

法人を対象にセールスを行う

 企業には製造部門、営業部門、経理部門、総務部門、人事部門などがある。その中でも会社の商品を売る営業部門は、会社の命運を左右する重要な部門だ。
 営業担当者は一般的に、まず売り上げ目標を設定し…

続きを読む

法人営業(企業向け営業)の働き方と生活

所属する会社によって労働条件などは異なる

 勤務時間や労働条件は所属する会社により異なるが、顧客が企業なので、一般的には勤務時間は規則的で、休日もカレンダーどおりのことが多いようだ。製薬会社の医薬情報担当者(MR)などは、女性の進出がめだつ。…

続きを読む

法人営業(企業向け営業)に向いている人・適性

コミュニケーション力やマナーが不可欠

 会社を代表して相手の企業と取り引きを行う仕事なので、コミュニケーション力や正しいマナーが必要不可欠だ。
 また、話題が豊富だと、話しているうちに親近感が増し、取り引きがスムーズに進むことも少…

続きを読む

法人営業(企業向け営業)の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

経験や能力により異なる

続きを読む

法人営業(企業向け営業)の将来性

コンサルティング力でものを売る時代に

 近年では、各企業の技術格差が縮まり、商品の差別化が難しくなっている。そこで必要になってくるのが、商品の技術的知識や用途を熟知し、顧客の相談に応じて的確にアドバイスするコンサルティングセールスのできる…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す