レポーターの仕事の内容

レポーター

レポーターの仕事の内容

現場の様子を正確に視聴者に伝える

 テレビ局やラジオ局が放送する番組で、取材現場に行って話題を取材し、放送できる形にまとめて伝えるのがレポーターの仕事である。芸能、スポーツ、ニュースなどさまざまなジャンルがあるが、レポーターは、その話題を一つの情報として簡潔に伝えなければならないので、幅広い知識と情報収集力、正確に伝達する能力、臨機応変に対応する力が必要である。取材する現場や事件、話題、人などは実にさまざまで、事前にいろいろ調べることができるときと、ぶっつけ本番というときがある。また、現場で取材を行うチームは最小限の人数で構成されているので、レポーターにも番組にかかわるさまざまな仕事がまわってくる。放送時間は少なくても、一つの情報伝達番組をみんなで作り上げていくという協調性も必要である。

この職業になれる専門学校を探す