×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

介護職員の資格

介護職員

 主に高齢者や障害者の身体介護、生活支援を行う職業。高齢化の進行によって高齢者の数がどんどん増えていくなか、社会的な需要を増しつつある。施設で働くだけでなく、在宅で訪問介護を行うことも。

介護職員の資格

必須資格 … 介護職員初任者研修(訪問介護員の場合)

そのほかにあると便利な資格

○介護福祉士
 専門的な介護技術と知識を身につけた、介護のプロフェッショナル。国家資格であり、大学や短大、専門学校の養成課程や関係学科を卒業することで取得することができる。また、実務経験が3年以上あり「実務者研修」を修了すれば、試験に合格することでも取得可能だ。単に身体介助がうまいというだけでなく、関係機関・関係職種との連携や、利用者の状況を分析する力、必要な介護を考える判断力など、介護に求められる高度な専門性を示す資格であり、取得していることの意味は大きい。また、介護職員初任者研修と同じく、資格手当の対象になるという具体的なメリットもある。

関連資格

介護職員初任者研修

 介護職員になるうえで必須の資格はないが、業務の幅を広げるために「介護職員初任者研修」を受けることが強く推奨される。合計130時間の研修を受けたうえで、修了試験に合格することで取得できる。この資格を持っていることで、介護に必要な基本技術・知識を身につけているとみなされ、訪問介護も許可される。また、資格手当の対象になることも多い。無資格のまま就職した場合は、真っ先に取得をめざすべきだ。

関連する職業

児童福祉司/児童指導員/児童厚生員/社会福祉士/介護福祉士/生活指導員/医療ソーシャルワーカー/ケースワーカー/社会福祉施設寮母(寮父)/手話通訳者/心理カウンセラー/臨床心理士/ケアマネージャー/精神保健福祉士

 介護職員に関連した職業は、同じ福祉関係の職業の中から見つけることができる。このうち、社会福祉士や介護福祉士、ケースワーカーなどは実際の職場で一緒に働くこともある。また、資格を得ることでなれる介護福祉士は、介護職員になってからめざすべき職種の1つとも言える。似ている職業、関連している職業が比較的多いため、それぞれの職業をチェックして、違いを整理しておくといだろう。

この職業になれる専門学校を探す