獣医師になるには

獣医師

獣医師になるには

大学の養成課程で学び、国家試験を受験

 獣医師になるには、獣医学課程のある大学で6年間学んでから、獣医師国家試験に合格し、農林水産大臣から獣医師の免許を受けなければならない。
 獣医学系の大学は限られている。また、私立の場合学費も高い場合が多いので、事前に調べておきたいところだ。
 なお、獣医師国家試験の合格率は、例年80%前後と高いので、獣医学課程のある大学に入学してきちんと勉強すれば、獣医師の国家資格を得ることは難しくないだろう。また、公務員として働きたい場合は、公務員採用試験に合格しなければならない。

獣医師 なるためチャート

獣医師に必要な資格が取得できる大学を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る