獣医師の働き方と生活

獣医師

獣医師の働き方と生活

急患や出産などで夜間、休日の診療も

 農業団体に勤める場合、半年ほど教育訓練を受けてから、一人前の獣医師として診療に当たることになる。動物病院の場合、卒業後すぐに開業するのはまれで、まず病院に勤務して、経験を積んでから独立するケースが多い。急患や出産などへの対応で夜間や休日に診療を行うこともあり、勤務時間は不規則になりがちだ。

獣医師に必要な資格が取得できる大学を検索