×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

航海士の働き方と生活

航海士

航海士の働き方と生活

乗船中は休めないが下船後に長期休暇が取れる

 担当する船が貨物船や客船の場合は、甲板手と共に船の運航状況や周囲の船舶の動きを監視する航海当直がある。その場合は、4時間当直して8時間休むのが一般的のようだ。
 外国航路の航海士の場合、乗船中はほとんど休めないが、特別な休暇制度があり、下船後にまとめて長期の休暇が与えられる。

この職業になれる専門学校を探す