×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

柔道整復師の働き方と生活

柔道整復師

 柔道整復師は、日常生活やスポーツで生じたけがの治療を行う専門家だ。医師と違い、手術や投薬は行わない代わりに、手技という独自の療法で治療する。接骨院・整骨院で働くほか、応急処置への強みを生かし、近年はスポーツトレーナーとして活躍する人も多い

柔道整復師の働き方と生活

整骨院・接骨院で働いたのち、独立・開業する人もいる

 主な勤務先としては整骨院、接骨院があげられる。また、病院・診療所の整形外科やリハビリテーション科で働く人もいる。整骨院などで数年間経験を積んでから独立・開業する人も多くみられる。
 勤務時間は施設によって異なり、休診日も日曜・祝日にする施設もあれば、平日の決まった曜日を休診に、日曜・祝日に診療を行う施設もある。また、施設によっては時間外でも急患の治療を行う場合もある。

そのほか、土曜日は午前診療のみの施設や、完全2日休日のシフト制を組んでいる施設など、休日は施設ごとにバラバラなのが現状だ。
 勤務時間は9時頃から20時過ぎまでとしていることが多い。かなり長いが、12時から15時までを昼休みにするなど、休憩時間も長めに設定されているようだ。とはいえ、診療時間が昼休みにずれこむことや、残業が発生することも当然ある。拘束時間は長めの職業だと割り切っておいたほうがよいだろう。
 柔道整復師の働き方は少しずつ広がってきていて、整骨院、整骨院以外に、スポーツジムで働く人や、介護施設で働く人も増えてきている。介護施設で働く場合、デイサービスセンターや有料老人ホームなどの施設があり、どちらも9時頃から18時頃までを勤務時間に設定していることが多い。

この職業になれる専門学校を探す