土地家屋調査士の収入、資格

土地家屋調査士

 土地や建物について調べ、誰が所有者なのか法律上の手続き(登記)を行う職業。また、土地と土地の境目を特定し、土地に関するトラブルを解決する役目も担っている。事務手続きだけではなく、その土地に行ってフィールドワークを行うのも特徴だ。

土地家屋調査士の年収・給与・収入

収入

経験や能力により異なる

(土地家屋調査士の収入は、経験や能力のほか、働き方によっても異なる。独立して大きな成功を収めることができれば年収1000万円を超えることもあるが、かなり稀なケースであり、多くの土地家屋調査士は平均的な会社員の給与と同じ程度の収入で生活している。また、独立しても営業がうまくいかなければ仕事を得ることができず、初めの頃は生活が安定しづらいだろう。
 事務所や法人に勤務する場合、月収20〜40万円前後で採用されることが多いようだ。手当については、残業代、休日出勤手当、資格手当などを支給されることが一般的。経験によってある程度変わってくるものの、一般の会社員とやはり、収入に大差はないようだ。)

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る