土地家屋調査士にふさわしい人

土地家屋調査士

 土地や建物について調べ、誰が所有者なのか法律上の手続き(登記)を行う職業。また、土地と土地の境目を特定し、土地に関するトラブルを解決する役目も担っている。事務手続きだけではなく、その土地に行ってフィールドワークを行うのも特徴だ。

土地家屋調査士にふさわしい人・適性

信頼を得られる慎重さと緻密さが求められる

 土地家屋調査士は他人の財産や権利を扱う仕事だ。そのためコミュニケーション能力が高く、依頼者の信頼を得られる誠実な人柄であることが求められる。これらの力は依頼者だけでなく、役所の担当者との交渉などでも役立つはずだ。加えて、不動産関係の法律の専門家として頼られるためには、常に知識欲にあふれていて、勉強を欠かさない姿勢も大切になってくる。
 実際の業務では、事務仕事だけでなく測量を行うことも多い。測量機器の据えつけや移動はなかなか大変だ。どんな季節・場所でもスムーズに測量できるよう、相応の体力がある人が望ましい。また、提出する書類には図形なども書かなければならない。ミスなく進めるために、数学に強く、かつ緻密な作業ができることも条件になるだろう。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る