×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

スポーツトレーナーになるには

スポーツトレーナー

 スポーツ選手が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、けがの予防やリハビリテーション、トレーニングの指導を行う職業。プロのチームや選手だけでなく、スポーツジムやフィットネスクラブ、病院などで一般の人を指導することもある。

スポーツトレーナーになるには

大学や専門学校で学ぶのが一般的

 スポーツトレーナーになるためには、体育系や医療系の大学・短大、大学の体育・健康科学系学部やスポーツ関連学科、専門学校のアスレティックトレーナー科やスポーツトレーナーコースなどで学ぶ方法がある。ほかにも、しん灸学科など、治療を目的とした学科でも学ぶことができる。
 必要な資格は特にないが、関連資格として(公財)日本スポーツ協会公認のアスレティックトレーナーの資格がある。養成講習会の受講資格は満20歳以上で、協会が認定する競技団体などの推薦が必要だ。また、推薦がなくても、同協会が承認する大学、短大、専門学校に進学して学ぶと、講習や試験の一部またはすべてが免除され、取得できる。

スポーツトレーナー なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す