職業情報 金融系

銀行員

銀行員

銀行員の仕事の内容

窓口業務だけでなく大金も取り引きする

 金融業界の代表的な職業である銀行員の仕事は、主に預金業務、貸付業務、為替業務、国債などの債券の売買業務などから成り立っている。
 預金業務で身近な例は、窓口業務や、その後方での出入金の処理などだろう。貸付業務は、融資先の経営状態によっては損害を被ることもあるので、責任の重い仕事だ。そのため、融資するかどうかを決める審査部門がある。為替業務で注目されているのが、外国通貨や債券を売買する外国為替部門だ。特に、ディーリングルームで変動する為替レートを見ながら瞬時に大金を取り引きするマネーディーラーは、最も注目されるポジションの一つと言える。

この職業をめざすなら!

銀行員の働き方と生活

時期によっては残業が多くなることも

 入行当初は通常支店に配属され、得意先回りや顧客開拓で忙しい毎日となる。
 勤務時間は銀行によって異なるが、おおよそ午前8時45分から午後5時までとなっている。ただし、お金の計算が合わない場合や事務処理が多い時期などには残業もあり、特に月末は夜遅くまで仕事をすることも多いようだ。

銀行員にふさわしい人

責任感と細やかな応対が必要

 銀行員は、顧客の大切なお金を預かり、それを運用するのが仕事なので、責任感が強く、信用のおける人柄であることが第一条件だ。そして、慎重・丁寧に、かつ素早く、正確に仕事をすることが求められる。また、サービス業的な面もあるので、人当たりがよく、相手に不快感を与えないことも大切だ。仕事によっては、外向的で行動力のあるタフな人が求められる場合もある。

この職業をめざすなら!

銀行員の収入、資格

収入 …  初任給 約20万円(大手都市銀行・総合職の一例)

関連資格 … 簿記検定/ファイナンシャル・プランナー

銀行員の将来展望

新たなサービスの開拓が進む

 金融業界のさまざまな規制緩和の動きにより、金利の有利な商品の設定や、インターネットや携帯電話での取り引きの充実など、各銀行はサービスで特色を出し、競うようになってきた。今後も新たな業務領域の開拓が進んでいくと思われる。これからは、多様でかつ高度な顧客のニーズに対応できる人材が求められていくことになるだろう。

銀行員にはこうすればなれる

社会科学系学部出身者の採用が多い

 銀行員になるには、大学、短大に進み、新卒で入社試験に合格するのが一般的なコースだ。入社後は研修を受けたのちに各部署に配属され、店舗ではテラー(窓口係)や貸付係などとして働くこととなる。
 銀行員には、金融、経済、税務、不動産などの知識が必要なため、関連学問を学んだ経済学系、経営学・商学系、法学系学部の出身者の採用が多いようだ。
 また、国際化が進む金融業界では語学力が重視されているため、英語などの資格を取得しておくと役に立つだろう。簿記やファイナンシャル・プランナーなどの資格も有効だ。さらに、融資業務には、宅地建物取引士の資格が役立つ。

銀行員 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ