中小企業診断士の将来展望

中小企業診断士

 中小企業診断士は、中小企業の経営について、さまざまな角度からアドバイスを行う職業のこと。日本の企業の大多数は中小企業なので、中小企業診断士が日本の経済を裏方から支えていると言える。

中小企業診断士の将来性

日本経済の活性化に欠かせない職業

 日本の企業のほとんどは中小企業であり、中小企業が日本の経済を支えていると言っても過言ではない。しかし、多くの中小企業の経営者が高齢化し、廃業する企業も多いうえに、人材不足が深刻化しつつあるのが現状だ。苦境にある中小企業を救う存在として、中小企業診断士の一層の活躍が求められている。
 一方で、国内の中小企業約358万社に対し、現在中小企業診断士の資格を持っている人は約2万7000人しかおらず、有資格者の増加が期待されている。中小企業診断士の資格取得はハードルが高いが、なることができれば活躍するチャンスは多いと言っていいだろう。
 また、企業の経営に関する資格は中小企業診断士以外にもさまざまなものがある。複数の資格を順番に取得していくことが、キャリアアップへの近道になっていくだろう。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る