×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 金融系

アナリスト

アナリスト

アナリストになるには

試験の内容から経済関連の学問が役立つ

 アナリストに近い仕事をするためには、必ずしも資格は必要ではなく、証券会社や銀行に勤務したのちアナリストになるケースが多い。ただし、アナリストの試験に合格し、所定の実務経験を積んで検定会員になっておくと有利である。試験の内容から、大学では経済学、経営学・商学などを学んでおいた方がよいだろう。
 アナリスト試験には第1次レベルと第2次レベルがある。第1次レベル試験を受験するためには、(社)日本証券アナリスト協会の通信教育講座を受講することが必要だ。第2次レベル試験は第1次レベル試験3科目合格者で、第2次レベルの講座を受講した者のみ受験でき、合格率は例年45〜50%前後である。

アナリスト なるためチャート

続きを読む

アナリストの仕事の内容

幅広いデータから株価の評価や予測を行う

 アナリストとは、証券会社や銀行などの金融機関や投資顧問会社などに所属し、企業の増資や新製品開発の動向、収益や経営状態、そして国内外の全般的な経済、政治情勢など、幅広いデータや情報を調査・分析して、株…

続きを読む

アナリストの働き方と生活

決算時期は多忙になり調査のための出張も多い

 アナリストの職場としては、証券会社、生命保険会社、銀行など、さまざまな金融系の企業が挙げられる。決算時期は、情報収集と分析に追われ、かなり多忙になる。また、担当する企業に実際に出向いて調査する必要が…

続きを読む

アナリストに向いている人・適性

膨大なデータを収集し分析する能力

 仕事で収集、分析するデータや資料は膨大で、時には国の経済、金融行政の担当者や企業の経営スタッフなどに直接インタビューすることもあるため、情報収集力、分析力、取材力が不可欠。また、長時間コンピュータに…

続きを読む

アナリストの年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

勤務先により異なる

続きを読む

アナリストの資格

関連資格

証券アナリスト

続きを読む

アナリストの将来性

独立型アナリストの出現に注目

 現在のところ日本では、アナリストはほとんどが企業に所属し、アメリカのようにフリーで活躍する人は少ない。しかし、今後日本の株式市場が拡大し、ニーズが増えれば、アナリストへの注目度はいっそう高まるだろう…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す