×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 企画調査系

イベントプランナー

イベントプランナー

イベントプランナーになるには

在学中に見聞を広げ、入社後に経験を積む

 イベントプランナーになるのに、特に有利な学部・学科はない。広告代理店やイベント企画会社などで経験を積んでから就くのが一般的なコースだ。
 学生時代には、できるだけ多くのイベント、ライブ、ショーなどを見て感性を磨いたり、イベント会社のアルバイトをするなどして経験を積んでおくとよいだろう。
 なお、関連資格として、(一社)日本イベント産業振興協会が実施する「イベント業務管理士」1級・2級資格試験がある。2級の受験資格は、イベント業務に関する実務経験が3年以上の者となっている。ほか、同協会では、「イベント検定」「スポーツイベント検定」「ユニバーサルイベント検定」を実施している。資格は3年ごとに更新が必要だ。

イベントプランナー なるためチャート

続きを読む

イベントプランナーの仕事の内容

企画から開催までイベントを総合的に管理

 企業の販売促進キャンペーン、博覧会、自治体のフェスティバル、コンサートなど各種のイベントを企画し、その準備、管理などを請け負うのがイベントプランナーだ。
 規模の大きな国際的なイベントなどの…

続きを読む

イベントプランナーの働き方と生活

イベント開催に合わせて休日に出勤することも

 イベントプランナーは、主に広告代理店やイベント企画会社などに所属する。また、ごく少数だが地方自治体の広報室などに勤務する人もいる。準備などで忙しい時期には残業もあり、イベント開催に合わせて休日に出勤…

続きを読む

イベントプランナーに向いている人・適性

旺盛な好奇心とリーダーシップ

 イベントプランナーには、お祭り好きで好奇心旺盛な人が向いている。そして、いろいろなことを同時に進められる管理能力と、多くの人を動かすリーダーシップも求められる。さらに、音響、照明、美術など、イベント…

続きを読む

イベントプランナーの年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

経験や能力により異なる

続きを読む

イベントプランナーの資格

関連資格

イベント業務管理士 イベント検定など

続きを読む

イベントプランナーの将来性

イベントを仕切れる人材の育成が望まれる

 世間の注目を集めるイベントは、企業や自治体にとって、その存在をアピールしたり、メッセージを伝えたりする格好の手段だ。
 日本では、本当の意味で総合的にイベントを仕切れるイベントプランナーが不…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す