×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 芸能・芸術系

画家の将来展望

画家

 日本画や洋画を描き、人々の感性や感情を刺激する職業。芸術家の一つであり、独創的な発想やセンス、表現技法が求められる。現状、画家として成功を収めるのは非常に難しく、何年にもわたって努力することや、チャンスをつかむ運も必要な職業だ。

画家の将来性

若い力の台頭が期待される

 近年は、都市の美術館だけではなく、地方にも個性的な美術館やイベントが増え、美術品が多くの人々を魅了している。したがって、才能と努力次第では、画家をめざす若い人がチャンスをつかむ機会は十分にあると言えるだろう。
 今後は、時代の変化に対応した新しい絵画の出現が期待される。

 彫刻家、画家、工芸美術家を含む芸術家の人口は、現在約4万人。20年前からほぼ変わらずに推移している。百貨店などでは若手画家の絵を販売する機会も増えており、今後もしばらくの間は画家や絵画の需要が激減することはないだろう。
 日本の絵画市場は、海外と比べるとまだまだ未発達だ。美術品の市場は約2460億円で、約3兆円を超すアメリカとは大きな差が開いている。ミュージアムやオークションの規模も小さいために、画家をはじめ、国内の芸術家が育ちにくい状況にある。逆に考えると、それだけ成長の余地があるということだ。今後は国の指導のもとで、絵画市場が活性化し、日本の画家がより成功を収めやすい環境ができていくかもしれない。

この職業になれる専門学校を探す