×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 芸能・芸術系

画家の収入、資格

画家

 日本画や洋画を描き、人々の感性や感情を刺激する職業。芸術家の一つであり、独創的な発想やセンス、表現技法が求められる。現状、画家として成功を収めるのは非常に難しく、何年にもわたって努力することや、チャンスをつかむ運も必要な職業だ。

画家の年収・給与・収入

収入

経験や能力により異なる

(画家の収入は個人によって大きな差がある。世界的に有名な画家の場合、1枚の絵に数億〜数百億円の値段がつくこともあり、とても大きな収入を得ている。ただし、そこまでの収入を得られる人はごくまれで、専業の画家として生計を立てることは非常に難しい。若いうちは知名度が低く、なかなか絵が売れない。かつ、アトリエの家賃や画材の費用も必要になるため、アルバイトや副業を通して収入を補っている人がほとんどだ。
 画家として収入を得るには、描いた絵を画商や百貨店に取り扱ってもらうか、自分で販売しなければならない。自分で販売する場合、個展を開き、来場した人に購入してもらうことになる。なお、インターネットの普及によって、ネット販売も可能になっているので、以前に比べると売り方の自由度は上がってきているようだ。
 また、絵の値段は「号」という絵の大きさの単位によって決められることがある。若手のうちは1号数千円から1万円程度でも、展覧会などで知名度が上がっていくと、1号5万円程度まで値段も上がっていく。)

この職業になれる専門学校を探す