俳優の仕事の内容

俳優

 テレビドラマや映画、舞台などで演技を行うのが俳優の仕事。トップクラスの俳優になると、スターとして国民的な人気を得ることも。メディアの多様化にともない、近年活躍の幅が広がりつつある職業だ。

俳優の仕事の内容

活躍の場は舞台やテレビなど多様

 ひと口に俳優と言っても、その活動する場は多様である。中には、一つの劇団に所属し、その劇団の芝居だけを演じる舞台俳優もいるが、最近では、テレビ、映画など、さまざまな場に出演する俳優が多数を占めている。いずれにせよ、仕事の基本は、台本に従って演技し、多くの観客(視聴者)を魅了することである。
 一つの作品を仕上げるため、監督を中心に、ほかの俳優やスタッフと協力して打ち合わせやリハーサルなどを繰り返し、本番に臨む。
 この仕事の最大の魅力は、いろいろな人生を擬似体験できることだろう。中には、日常生活からその役になりきって役作りをする俳優もいる。

 活躍する場所ごとに仕事の内容を見てみよう。まず舞台俳優は、名前の通り舞台上で演技を行う。観客を前に演技を行うため、失敗は許されない。そのために、台本の読み合わせや稽古を何度も重ねてから本番に臨む。ミュージカルを中心に演技を行う俳優も、舞台俳優と呼ばれることがある。ただし、ミュージカルは演技に加えてダンスと歌も重要な要素になっており、演技以外の面でも高い技量が求められる。
 映画やテレビドラマに出演する俳優のことを、一般に映像俳優と呼ぶ。舞台と違って生の演技は求められないが、監督が納得するまで何度も撮影し直すこともある。また、一度撮影するとそれきりなので、次の公演に向けて練習できる舞台とは違うシビアさがある。
 舞台俳優と映像俳優に求められる資質はそれぞれ異なるが、区別は年々あいまいになっており、舞台にも映像作品にも出演する俳優は多い。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る