俳優の働き方と生活

俳優

 テレビドラマや映画、舞台などで演技を行うのが俳優の仕事。トップクラスの俳優になると、スターとして国民的な人気を得ることも。メディアの多様化にともない、近年活躍の幅が広がりつつある職業だ。

俳優の働き方と生活

オーディションなどで役を獲得していく

 俳優は主に劇団やプロダクションに所属し、一般にオーディションなどを受けて役を得る。第一線で活躍できる人はひと握りで、アルバイトをしながら俳優を続ける人もいる。
 労働時間や休日は不規則であることが多く、特にテレビや映画の仕事では、撮影が長引いたり、早朝や深夜に行われたりする場合もある。

 舞台俳優としてミュージカルや舞台に出演する人たちは、長期間にわたって台本の読み合わせや稽古を行ったうえで本番に臨む。公演が数日でも、2週間から1ヶ月程度は準備に費やし、その間は休みが取れずとても忙しい。また、大きな舞台だと公演が連日行われることもあり、声量を上げて演技する関係で、のどを痛めてしまうこともある。それほど大変な舞台だからこそ、無事最後の公演を終わらせられたときの達成感は大きい。
 映像俳優の場合は、撮影スケジュールが忙しさに直結する。ドラマも映画も、決まったスケジュールの中でロケ地や撮影スタッフの手配が行われているうえ、放送日や上映日の関係もあって簡単に動かすことができない。そのためスケジュールを守ろうと、遅くまで撮影が行われることもあり、臨機応変に働かなければならない。また、ドラマや映画の撮影が並行して行われる場合、忙しさを極めることになる。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る