×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

介護福祉士の仕事の内容

介護福祉士

 体の不自由な高齢者や障がい者に対し、入浴や食事の介助、買い物や掃除の代行など、日常生活の支援を行う福祉の実務者であり、国家資格の名称でもある。非常に速いスピードで高齢化が進む中、社会における重要なポジションを占めている職業の一つだ。

介護福祉士の仕事の内容

福祉の専門知識に基づき高齢者などの介護をする

 社会の高齢化が進むにつれ、寝たきりや認知症の高齢者などが増え、介護の問題が表面化している。介護福祉士は、福祉に関する専門知識と医学的な介護技術を身につけ、施設あるいは在宅で、それらの人々の介護を支援する専門家だ。
 具体的には、入浴や排せつ、食事など身の回りの世話をし、本人ができるだけ自立した生活が送れるように援助する。また、家族に対して介護の指導も行う。
 1人ひとりの状態に応じた介護を施すため、介護福祉士には、福祉関係の知識はもちろん、栄養学や調理、心理学、医学一般などの知識とリハビリテーション技術が必要とされる。

 介護福祉士の代表的な勤務先は、老人ホーム、デイサービスセンター、リハビリテーションセンター、グループホームなどだ。主に高齢者向けの福祉施設が中心だが、在宅介護事業所や、身体障がい者療護施設なども挙げられる。
 老人ホームをはじめとした入居施設の場合、基本的な仕事の内容はだいたい同じ。入浴や食事の介助などの身体介護、レクリエーションの実施、施設の見守りなどが中心となる。ただし施設によって入居者の受入方針が異なるため、実際の介護の程度も施設による。例えば特別養護老人ホームは要介護認定を受けた人が入居する施設であり、ある程度の技量や経験が求められる。またリハビリテーションセンターはリハビリ中心の施設なので、理学療法士と協力して入居者のリハビリを手伝うことが多い。
 訪問介護の場合、掃除や洗濯などの生活援助、病院までの通院介助など、家族に代わって家庭で暮らすための支援を行う傾向が強い。

教えて先輩!
介護福祉士として働いている先輩に、勤務先はどういった場所があるのか聞いてみた!

Q. 勤務先はどういった場所がある?

A. 主に施設で働くか、在宅で働くかに分けられます。施設というのは、特別養護老人ホームやデイサービス、医療機関など。在宅の場合は介護を受ける方の自宅まで行き、食事や入浴、排せつのお手伝いなどをします。介護福祉士を必要とするところは多岐にわたり、人手が足りていない施設も多いようです。(29歳・男性・介護福祉士歴7年目)

介護福祉士に必要な資格が取得できる大学を検索

介護福祉士に必要な資格が取得できる専門学校を検索