×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

介護福祉士の将来展望

介護福祉士

 体の不自由な高齢者や障がい者に対し、入浴や食事の介助、買い物や掃除の代行など、日常生活の支援を行う福祉の実務者であり、国家資格の名称でもある。非常に速いスピードで高齢化が進む中、社会における重要なポジションを占めている職業の一つだ。

介護福祉士の将来性

高齢社会の進行で高まる必要性

 日本の65歳以上の高齢者の割合は、2020年には全人口の約29%となった。今後もますます増加すると予測されており、高齢者福祉の充実が差し迫った課題となっている。そのため、施設の増設が急がれ、同時にそこで働く介護福祉士資格を持った人材の必要性も高まっている。
 高齢者福祉は保健・医療分野と切り離せないものなので、今後はいっそう保健・医療にも精通した人材が求められていくと考えられる。

 このように、今後の日本に欠かせない仕事であるにもかかわらず、介護福祉士、及び介護に携わる仕事の待遇がいいとは言えない。賃金や労働環境の問題から、特に離職率の高い仕事だとされることもある。介護福祉士の離職を防止し、優秀な人材が気持ちよく働けるよう、国も賃金の底上げやキャリアパスの改善を図っているほか、民間でも介護福祉士の負担を減らす介護ロボット・事務作業を省略化するICT技術の開発が進められている。ゆるやかにだが、介護福祉士の働き方に対するイメージも変わっていくかもしれない。

介護福祉士に必要な資格が取得できる大学を検索

介護福祉士に必要な資格が取得できる専門学校を検索