×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

介護職員の将来展望

介護職員

 主に高齢者や障害者の身体介護、生活支援を行う職業。高齢化の進行によって高齢者の数がどんどん増えていくなか、社会的な需要を増しつつある。施設で働くだけでなく、在宅で訪問介護を行うことも。

介護職員の将来性

将来的には介護福祉士の資格取得をめざそう

 政府は、質の高い介護サービスを安定的に供給していくために、介護に携わるための標準資格を介護福祉士とする方針を打ち出している。訪問介護員として働くためには、介護福祉士の資格か介護職員初任者研修を修了していることが必要。幅広い領域の知識・技術を修得し的確な介護を行うために、介護福祉士の資格取得を見据えておくといいだろう。

 従来は指定の大学や短大、専門学校を卒業することで介護福祉士の資格を得ることができたが、今後はそうした養成施設を出た場合も、国家試験の受験が必須になる。一方、養成施設を出ずに受験を考える場合、実務経験が3年以上必要になる。資格を得てから就職するのか、先に実務経験を積み始めるのか、よく考えておくといいだろう。
 介護職員はそのハードな仕事内容、決して高くない給与形態から、ほかの職業に比べて離職率が高く、厳しい職業だと言われがちだ。一方で、高齢化の進行に伴い、社会になくてはならない職業であることも事実。施設側も、ICTを導入して業務を効率化するなど、さまざまな試みを行っている。また国の支援が強化される可能性もあるので、今後の変化に期待しておくといいだろう。

この職業になれる専門学校を探す