×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

介護職員になるには

介護職員

 主に高齢者や障害者の身体介護、生活支援を行う職業。高齢化の進行によって高齢者の数がどんどん増えていくなか、社会的な需要を増しつつある。施設で働くだけでなく、在宅で訪問介護を行うことも。

介護職員になるには

介護職員初任者研修がスタート

 高齢者福祉施設や障害者福祉施設で働くためには、必ずしも資格は必要ないが、介護の基本的な知識や技術を身につけた人が求められる。また、訪問介護員として働くには、介護福祉士の資格か介護職員初任者研修を修了しておく必要がある。
 2013年から新設された介護職員初任者研修は、施設・在宅を問わず、介護職として働くうえで基本となる知識・技術を修得する研修であり、130時間の講義・演習からなる。生活支援技術の演習では、研修室でベッド、車椅子、杖などを使用し、知識と技術を連動させ学習する。
 福祉系の大学・短大などの出身者はこの研修によらず、介護福祉士の資格取得をめざす場合が多い。

介護職員 なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す