×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ケアマネージャーになるには

ケアマネージャー

 介護を必要とする人の相談に応じ、介護サービスを提供する事業者と協力して、その人のニーズに合った介護サービスのプランをつくる職業。介護を受ける人と提供する人をつなぎ、いい介護を実現することを使命とする、高齢化が進む社会で重要な職業だ。

ケアマネージャーになるには

国家資格を持って5年の実務経験が必要

 ケアマネージャーの資格を取るためには、看護師、社会福祉士、介護福祉士、理学療法士といった国家資格保有者が、各資格に基づく業務において5年以上の実務経験を積むことが必要だ。これらの資格を持たない場合、生活相談員や支援相談員などの相談援助業務に5年以上従事することが求められ、介護業務での従事期間は算入されない。
 この条件を満たしたのち都道府県が行う介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、介護支援専門員実務研修を修了することで、介護支援専門員名簿への登録と介護支援専門員証の交付を受けられる。
 勤務先には、特別養護老人ホーム等の介護保険施設や、在宅介護のためにケアプランの作成を行う居宅介護支援事業所などがある。

ケアマネージャー なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す