×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ケアマネージャーにふさわしい人

ケアマネージャー

 介護を必要とする人の相談に応じ、介護サービスを提供する事業者と協力して、その人のニーズに合った介護サービスのプランをつくる職業。介護を受ける人と提供する人をつなぎ、いい介護を実現することを使命とする、高齢化が進む社会で重要な職業だ。

ケアマネージャーに向いている人・適性

スケジュール管理能力や事務処理能力が必要

 ケアマネージャーの最も重要な仕事はケアプランの作成だ。そのために、介護を受ける人やその家族の要望に合わせて綿密な介護計画を立てる、複数の介護施設や介護職員と予定を調整して会議を開くなど、企画立案能力やスケジュール管理能力が求められる。特に忙しいときは、求める介護が違う相談をいくつも抱えることになるため、仕事をスムーズに進めるためにも、計画的に行動できることが大切だ。
 また、ケアプランの作成や関係者との会議とは別に、介護保険制度の適用を受けるための書類作成を代行することもある。事務的な仕事が嫌いではない、事務的な処理が得意であることも重要だろう。
 ケアマネージャーは介護サービスの中心にいる職業であり、介護を受けたい人とサービスを提供する人をつなぐ役割を持つ。相談の内容をよく聞き出す、関係者とよく意見を交わすといったことができないと、いい介護を提供できない。高いコミュニケーション能力が求められるだろう。

この職業になれる専門学校を探す