職業情報 医療・看護系

理学療法士

理学療法士

理学療法士の仕事の内容

患者の症状に合わせ治療を工夫

 病気や事故などで身体が不自由になった人たちの身体機能の回復を図り、社会復帰を手助けするスペシャリストが、理学療法士だ。
 理学療法士は、医師の処方に基づいて、患者に最も効果的な治療計画を立て、徒手療法(器具を使わない治療方法)、治療体操、歩行訓練などの運動療法や、電気刺激などの物理療法を施す。治療に当たっては、ほかの関連医療スタッフとも意見を交換し、全体として統一された方針で治療を行うように調整する。患者は、病気で身体が自由に動かせない人から、けがなどの後遺症が残った人までさまざまなので、1人ひとりの症状に合わせて指導する必要がある。

理学療法士の働き方と生活

勤務時間はおおむね規則的だが職場によって差がある

 主な勤務先は、一般病院やリハビリテーション施設、老人ホームなどの福祉施設が挙げられる。仕事は、治療のため患者が足や腕を動かす手助けをしたり、患者の体を支えて歩行訓練をしたりと、体を使った作業が主となる。
 勤務時間は比較的規則正しいが、休日は交代制の場合が多いようだ。

理学療法士にふさわしい人

心身機能に関する知識と忍耐力が必要

 仕事では生理学や運動学など多くの知識が求められるので、まず医学の分野、特に人間の心身機能や生理への深い関心が条件だ。また、治療や訓練の際、患者が体のバランスを取るのを手助けすることも多いので、体力も必要だ。
 さらに、リハビリテーションはすぐに効果が表れないことが多く、患者やその家族の精神的な負担も大きいため、思いやりや忍耐力も大切だ。

理学療法士の収入、資格

収入 …  平均給与 約28万円(2015年厚生労働省調査)

必須資格 … 理学療法士

理学療法士に必要な資格が取得できる大学を検索

理学療法士に必要な資格が取得できる専門学校を検索

理学療法士の将来展望

活躍の場が増え質の向上が求められる

 最近は、高齢化にともない、病気やけがからの機能回復のほか、機能の衰えの予防・機能維持を目的としたリハビリも注目されてきている。また、病院だけでなく、社会福祉施設や保健所など、地域でのリハビリテーション治療でも活躍が期待されている。
 今後は理学療法士としての技能の質の向上が重視されるようになりそうだ。

理学療法士にはこうすればなれる

養成課程のある学校への入学が近道

 理学療法士になるには、厚生労働省が実施する理学療法士国家試験に合格する必要がある。
 試験を受験するには、理学療法学科など養成課程がある大学、短大、専門学校か、指定の養成施設で3年以上学び、卒業することが条件だ。近年の国家試験の合格率は約7〜8割である。
 養成施設は2016年時点で4年制大や3年制短大、専門学校など全国に約250校あり、昼間部・夜間部を設置している学校もある。

理学療法士 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ