航空管制官の仕事の内容

航空管制官

航空管制官の仕事の内容

レーダーや無線を使って航空機を誘導

 航空機が安全に飛行できるように、レーダーや無線電話などを使って、地上から操縦士に情報や指示を送っているのが、航空管制官だ。飛行場内の航空機、滑走路、車両などを監視し、航空機に離着陸の許可や方法を指示する飛行場管制業務が主な仕事だ。そのほか、空港周辺空域にいる航空機に、進入や出発の順序、経路、上昇などの指示を出す進入管制業務や、監視レーダーなどを使って着陸する航空機に高度とコースを指示し、誘導する着陸誘導管制業務などがある。
 さらに、全国の航空交通管制部では、日本列島周辺の空を監視して、飛行中の航空機を管制している。

この職業になれる専門学校を探す