×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 運輸系

ディスパッチャー

ディスパッチャー

ディスパッチャーになるには

大学から航空会社に就職するのが先決

 まず航空会社や運航管理関連業務を専門に行う会社に採用されることが先決だ。そして適性があると認められればオペレーションコントロールセンター(運航管理室)に配属され、2年以上の実務経験を経たのちに、運航管理者技能検定にチャレンジするのが一般的なコースである。
 試験の受験資格は、21歳以上で、操縦、空中航法、気象業務、機上での無線設備操作、航空交通管制業務、運航管理者の補助のいずれか一つの経験を2年(運航管理者補助の場合は1年)以上、または二つ以上の経験を各1年以上経験した人となっている。
 国家試験合格後は、数年間運航業務を担当し、社内審査にパスして初めて正式にディスパッチャーとして配属される。

ディスパッチャー なるためチャート

続きを読む

ディスパッチャーの仕事の内容

一番安全で効率的な飛行計画を作成する

 航空機は安全なフライトのため、1便ごとに着陸地点や途中の気象状態、非常時の代替空港の手配など、想定できるすべての状況から、一番安全で効率のよい飛行コースや高度などが決められる。こうした重要な地上業務…

続きを読む

ディスパッチャーの働き方と生活

24時間体制のため勤務時間は不規則

 ディスパッチャーは24時間・365日体制で、常に空港で情報の収集、監視に当たっている。そのため、勤務は交代制で行うのが一般的だ。航空機の発着時刻に合わせた勤務となるので、国際線を担当する場合などには…

続きを読む

ディスパッチャーに向いている人・適性

安全な飛行計画には洞察力と判断力が必要

 ディスパッチャーは、航空機が安全に飛行できるように計画を立てる仕事なので、さまざまなデータを総合して必要な情報を読みとる洞察力と、万一の場合にも冷静に対処できる判断力が必要である。また、気の抜けない…

続きを読む

ディスパッチャーの年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格 …  勤務先により異なる

続きを読む

ディスパッチャーの将来性

運航管理者としての役割が増している

 ディスパッチャー業務における技術革新が進んでおり、現在は、コンピュータなどの先端機器を駆使してのデータ分析が仕事のほとんどを占めている。それだけに、科学・技術に対する知識と、それを理解する能力が求め…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す