×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

着付け師になるには

着付け師

着付け師になるには

教室を開きたいなら「免状」が必要

 着付け師になる方法は主に2つある。1つめは専門学校、短大・大学を卒業後、フォトスタジオや結婚式場に就職する方法だ。未経験者でも採用される可能性は十分ある。ただし、着付けだけでなく、ヘアメイクや受付など広く業務を受け持つ必要がある。
 2つめは、着付け教室に通って師範の資格を取り、教室を開く方法だ。教室の先生に腕を認められる、もしくは指定のカリキュラムを終えれば、師範の証として「免状」をもらえる。ただし、免状の発行代として数万〜数十万円の謝礼を払う必要がある。また、教室によって段位の制度が異なるため、1つの教室に通い続ける根気強さも大切だ。

着付け師 なるためチャート