×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 公務保安関係

救急救命士の仕事の内容

救急救命士

 救急車に乗り、病人や事故にあった人の応急処置を施すことが仕事。命を救う最前線で働く、責任の重い職業だ。ほとんどの救急救命士が消防官として消防署に勤めているが、近年は民間の病院で働く救急救命士も登場してきている。

救急救命士の仕事の内容

救急車の中などで患者に救急救命処置を施す

 救急救命士は、病院や診療所に搬送される途中の傷病者に救急救命処置を施すスペシャリストだ。止血処置や脈拍の測定といった一般的な医療活動はもちろんのこと、心臓や呼吸の止まっている傷病者に対して、医師の指示を受けて、点滴や気道の確保などの救急医療行為を行うこともある。こうした専門的な仕事内容を踏まえ、救急救命士の業務に就くには国家資格の取得が必須となっている。
 大量の失血があった場合などは、病院に着くまでの間の処置が患者の生死を分けると言われている。それだけに、患者の命を預かる責任のある仕事と言えるだろう。

 ほとんどの救急救命士は、消防署の救急隊員として働いている。そのため救急救命士の資格取得後、消防官の採用試験を受けるか、消防官になってから資格取得をめざすのが一般的だ。病院によっては独自の救急医療体制を整備しており、救急救命士を採用していることもあるが、大部分の救急救命士は消防署の救急隊員が兼務するものだと考えていいだろう。
 救急救命士の仕事の流れは次の通り。まず出場の要請を受けると、救急車に乗り込み現場に急行する。その後、傷病者の状態を確認し、無線で医師の指示を仰ぎながら救急救命処置を行う。同時に病院への搬送を開始し、到着後は医師に処置を引き継ぐ。出場がない間は救命処置の精度を高めるために、シミュレーション訓練を繰り返したり、最新の医療情報をチェックしたりすることが多い。
 なお、救急救命士が行える処置の範囲は法律で定められているが、医療と救急救命の需要の広がりを受けて、法律が改正され、行える処置が広がりつつある。

教えて先輩!
救急救命士として働いている先輩に、勤務先によって仕事内容は変わるのか聞いてみた!

Q. 勤務先によって仕事内容は変わる?

A.地域のみなさんの生命・身体を守るという意味では変わりませんが、東京のような大都市ですと、出場件数はほかの都道府県より多くなると思います。

また、傷病者の種類も勤務先によってばらつきます。例えば繁華街の近くだと、アルコール中毒で運ばれて来られる方が多く、住宅街の近くだと、高齢者の方が多い傾向がありますね。(39歳・男性・救急救命士歴15年目)

救急救命士に必要な資格が取得できる大学を検索

救急救命士に必要な資格が取得できる専門学校を検索