消費生活アドバイザーの仕事の内容

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザーの仕事の内容

消費者の生の声を商品に反映させる

 企業や地方公共団体に所属し、消費者窓口などで消費者の相談に応じたり、企業と消費者の架け橋として企業の商品開発や販売戦略などについてアドバイスをするのが、消費生活アドバイザーだ。特に企業では、消費者に納得してもらえる商品を開発する必要があるため、消費生活アドバイザーの存在は重要性を増している。
 企業に所属する場合は、消費者窓口、商品開発をはじめ、商品テスト、企画、広告・宣伝、広報、販売、市場調査など、さまざまなセクションとかかわる。消費者の生の声を聞き、それを企業に伝えて商品の改善を図るのが役割だ。また、必要な場合は、顧客の家まで足を運ぶこともある。

この職業になれる専門学校を探す