消費生活アドバイザーにふさわしい人

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザーにふさわしい人・適性

生活感覚豊かで信念と謙虚さがある人

 扱う対象は生活関連用品が多いので、生活感覚豊かで、消費者、特に主婦の気持ちがわかり、聞き上手、話し上手であることが求められる。
 また、時には企業のトップを含めてさまざまな部署の担当者や消費者と議論することもあるので、自分の信念をしっかり持ち、それを貫ける粘り強さも大切だ。反面、相手の方が正しいと感じたら、それを認める謙虚さも必要である。

この職業になれる専門学校を探す