消費生活アドバイザーになるには

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザーになるには

生活科学系の学問が役立つ

 消費生活アドバイザーになるには、経済産業省認定の消費生活アドバイザーの資格を取得する必要がある。資格取得のための試験はだれでも受けられるが、消費生活アドバイザーの称号が付与されるためには、2次までの試験に合格することが必要だ。試験では、消費者問題、行政・法律、経済などの分野についての幅広い知識が問われ、個別面接も行われる。また、資格は5年ごとの更新制である。
 進学する場合は、生活科学系学部で家政学や生活文化学を学んでおくと役に立つだろう。そのほかの関連学問としては、心理学、経営学・商学、経済学、法学、人間科学などが挙げられる。

消費生活アドバイザー なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す