×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

スポーツトレーナーの仕事の内容

スポーツトレーナー

 スポーツ選手が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、けがの予防やリハビリテーション、トレーニングの指導を行う職業。プロのチームや選手だけでなく、スポーツジムやフィットネスクラブ、病院などで一般の人を指導することもある。

スポーツトレーナーの仕事の内容

スポーツ選手の活躍をトータルにサポートする

 スポーツトレーナーは、コーチやドクターと連携・協力し、スポーツ競技大会や試合などに出場する選手がベストな状態で競技できるよう、健康管理やコンディション調整を行う。スポーツインストラクターとは異なり、スポーツを職業とする人たちを主な対象としている。
 主な仕事は、選手の健康管理のほか、テーピング、ストレッチングの指導を行うことなどである。また、選手のけがの応急処置や防止、さらに競技への復帰を手助けするアスレティックリハビリテーションを行うこともある。
 最近では、運動不足による成人病予防などの目的で、一般の人に健康指導をすることもある。

 スポーツトレーナーには「アスレティックトレーナー」「ストレングストレーナー」「メディカルトレーナー」など、さまざまな呼び方や役割がある。互いに重なり合う部分もあるが、大まかに分けると、アスレティックトレーナーはテーピングの指導、けがの対応や応急処置を行い、ストレングストレーナーは身体能力の向上をねらったトレーニングの指導を行い、メディカルトレーナーはけがの予防・回復を意識したトレーニング・リハビリテーションの指導を行う。いずれもけがを防ぎ、選手のコンディション調整を手伝うという点は共通している。
 スポーツトレーナーの主な活躍の場所はプロスポーツチームだけではない。スポーツジムに勤める人もいるし、トレーナーを派遣する企業に勤め、高校や大学の運動部に派遣されている人もいる。

この職業になれる専門学校を探す